メニュー

安全最優先宣言

我が社は全ての業務において食品の安全を最優先します。「安全最優先」の宣言

お客様の手に届くまで、全ての安全を確立。それが「ヤガイ品質」。

製造環境

製品を造る上で衛生を保つために「人」「物」「機械設備」「空気」などの要因を計画的に管理する必要があります。そのため、工場レイアウトを製品が後戻りしないワンウェイ方式になるように配置し、人の移動や作業の歩行経路、製品の製造運搬経路、空気の流れなど計画的に管理しています。

ワンウェイ方式
ワンウェイ方式は工程を戻ることは禁止

製造工程の一方通行、工程を戻ったり、製品が後戻りをしない方式

外部認証

山形第二工場、山形第三工場が食品安全マネジメントシステムFSSC22000の認証を受けています。
本社工場、山形第二工場は厚生労働省より総合衛生管理製造過程による食品の製造または加工の承認を受けています。

FSSC22000(食品安全システム認証)

GFSI()が食品安全の認証スキームとして採用、承認した食品製造業及び食品容器製造に特化して開発された食品安全規格です。

FSSC22000(食品安全システム認証)
  • GFSIは、TCGF(The Consumer Good Forum)の下部組織であり、食品企業が遵守すべき食品製造などに対する安全基準を承認し、食品安全を確保する活動を行っている。
  • ISO22000(国際標準化機構)
    食品安全の達成を目標にHACCPで盛り込まれていなかったマネジメントシステムの要素を取り入れた国際規格です。HACCP手法とISO9001(品質マネジメント規格)を基礎としています。
    HACCP+ISO9001=ISO22000

山形第二工場は2015年12月に、山形第三工場は2017年12月にFSSC22000認証を取得しました。認証は、一般財団法人日本品質保証機構(JQA)です。

FSSC22000
総合衛生管理製造過程

食肉製品、乳・乳製品、レトルト食品などに対して、HACCPシステムの他、施設設備の保守・衛生管理などの一般衛生管理を含めた総合的な衛生管理を厚生労働大臣が個別に承認する制度です。

  • HACCP(危害要因分析に基づく必須管理ポイント)
    原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、危害要因を分析し、管理点(CCP)を設定・記録する重要衛生管理 システムです。

本社工場は2004年8月に、山形第二工場は1999年3月に厚生労働省より認証を取得しています。

FSSC22000